2020.01.27

クリエイターのお祭り!!2020冬ハンドメイドインジャパンフェス その1

2020年1月11日と12日の2日間、東京ビッグサイト(江東区有明)でHandMade In Japan Fes 2020冬が開催されました。

2020年1月11日(土)と12日(日)の両日、東京ビッグサイトで開催されたハンドメイドインジャパンフェス2020冬

今回で9回目となるハンドメイドインジャパンフェス(以下HMJ)は、日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス“Creema(クリーマ)”を運営する(株)クリーマ(東京都港区)による大きなイベントのひとつ。全国各地で活躍するクリエイターが東京国際展示場(東京ビッグサイト:東京都有明)に一堂に会し、オリジナル作品を出品、展示販売するのです。

【公式サイト】https://hmj-fes.jp/ 略称はHMJ。

チケット売り場には当日券を買い求めるお客の長い列が。

昨年より冬のイベントが加わり、年2回行われている同フェスはいつも大盛況。東京オリンピック開催に伴い、2020年は会場の都合で今回の冬のイベントのみとなったのも、盛況のひとつの理由になったようです。

1,260ブース、およそ3,000人のクリエイターが集まる!

〝日本最大級のクリエイターの祭典″とあって、HMJのウェブサイトでは1,260件もの出展者が表示されます。パンフレットはあいうえお順にカテゴリーとブース番号、Creemaでの販売サイトなどが紹介されていますが、これがびっちり記載されているのでなかなか読みごたえがある!

事前にHMJのサイトで目的のクリエイターさんをしっかりと確認しておかないと、とてもとても2日間では時間が足りないほどなのです。

一点物がぎゅっとひしめきあうクリエイターエリア

クリエイターショップのほかにやこだわりのフード店舗も。

会場は西1,2ホールの貸し切り。クリエイターは全部で9つのカテゴリーにざっくりと分けられており、割り当てられたカテゴリー内にブースがひしめきあうという状況。それはまるで異国の夜の屋台を思わせる風情です。

これに加え、クリエイターの創作活動の一部に触れることのできるワークショップブースやHMJに招かれたミュージシャンのパフォーマンスを楽しめるミュージック&プレイエリア、さらにパフォーマンスを楽しみながら食事ができるフード&カフェテリアに大きく分けられます。

音楽だけでなく、プロレスも開かれる。HMJでは毎年プロレスが催されており、ハンドメイドのマスクも売っていた。

パンフを片手にいざ、出陣! 事前に気になるクリエイターはチェックしていたものの、ほとんど用をなさなかったかな……とにかく一点物が目白押しで、目移りしてしまうのです。

通路の両脇から、クリエイターさんたちの“こんにちは!”が。次々と気軽な挨拶の声がかかってきます。会場では、“お? こんなクリエイターもいたのか!”という新鮮な驚きの連続でした。

そこで今回は2回にわたり、気になったクリエイターさんをご紹介します!

強いこだわりが美につながる ‐ニロス屋-

材料はビーズでおなじみの貴和製作所のTピン。これをペンチで曲げ繊細なアクセサリーを生み出す。

『近未来のアクセサリー』という副題付きのこのクリエイターのこだわりは、何といっても材料と躯体構造。東京ビッグサイトの建築躯体と同様の構造をしているのです。
美大在学中より、建築構造物の構造がアクセサリーに生かせないかと考えた結果、この形が導き出されたとか。

直線的でシャープだけれど、素材のしなやかさや柔らかさも感じられる。

クリエイターエリアでもアクセサリーのカテゴリーはとにかく競合が多い中、既存の素材をここまで生かしたシャープで洗練されたデザインが目を引きます。

ニロス屋

クリエイター: ニロス屋ショーリン

【Instagram】https://www.instagram.com/nirohs_shorin/

【ウェブショップ】https://nirohsy.thebase.in/

【Creema】https://www.creema.jp/c/nirohsy

【Minnne】https://minne.com/@nirohs

通販は苦手、対面接客も軽妙なトークでこなす ‐1001‐

径が8ミリ程の小さな石に手縫いで枠を作り、ピアスに。インドの石の魅力を最大限に生かす方法だ。

写真では大きく見えますが、実はこれ、最大径が1センチにも満たない小さな貴石をマクラメ技法でピアスのチャームに仕立てているのです。枠はポリエステルの手縫い。石は直接インドに買い付けています。

石に合わせてのこのしぶいマクラメ。石のよさが際立つ。

石の色や玉虫の羽色は写真では再現しきれないところも多く、発送などの手間もかかるため、通販サイトは運営していません。

イベントには積極的に参加して販売しているので、気になる方はぜひTwitterでイベント情報を確認してみて。

1001

クリエイター: 1001

【Twitter】https://twitter.com/1001stones

宮大工ならではの伝統柄をアレンジ、斬新な装飾品に ‐tumikiclub‐

岩手からの出展。宮大工である安藤 賢(あんどう まさる)の一番の強みは、その伝統柄のアレンジです。緻密な幾何学文様は宮大工ならでは。それをレーザーカットで木片に施し、イヤリングやブローチ、コースターに展開しています。

大きめのイヤリングも驚くほど軽い。

今回は自身の作品のほか、フィアンセのKogin Tamaが施すこぎん刺繍とコラボしたイヤリングとブローチ、針刺しも発表。伝統的な柄を施されたレーザーカットの木枠に、同じ柄をこぎん刺繍で表現したものは、これまでにないほど新しいアクセサリーに仕上がっています。

宮大工の伝統文様×こぎん刺繍。刺繍の柄は、彼女の母親が愛用していた本を参考に刺したという。

tumiki club

【HP】https://kcassiopea.wixsite.com/craftmap/tumikiclub

【Twitter】https://twitter.com/tumikiclub

時計の部品はこれほどまでに美しい ‐晃工製作所(こうくせいさくしょ)-

動かなくなった時計を分解し、その部品を木材などと組み合わせ、新たにアクセサリーとして生き返らせる。

50~60年前の時計の美しさを再発見できるアクセサリーの製作を行っています。動かなくなった手動巻き腕時計を分解し、そこに埋め込まれた部品類を取り出し、ささやかなフレームの中にデザインしてレジンで埋め込む。

一見単純にも思えるこの作業、実はとても奥が深いのです。優れた芸術的直感がなければできませんよね。

パーツの中にはわずかに動くものも。手巻き式なので止まったら再びねじを巻いてあげると再び動き出す。

晃工製作所

クリエイター: フルヤマ

【HP】https://kouku-factory.jmdo.com/

【Creema】https://www.creema.jp/c/koukufactory

【Minne】https://www.minne.com/@koukufactory

描線のタッチが生きている!元気の出るイラスト ‐NOVI.‐

キャラクターたちの目の輝きに注目。文字が描いてある? OH? NO? ON? 目は口ほどにものを言う、ということか。

とにかく、見ているだけで元気が出てくる不思議なタッチで描かれた無邪気なキャラクターが魅力。線が生き生きとしているのです。色使いも印象的。目がキラキラのピンクのペンギンなんて、誰も発想しないでしょう?令和二年は子(ねずみ)年なので、ハムスターのキャラクターにした作品が多く出展されていました。

ポーチも革のブローチもすべてお手製。シルクスクリーンでイラストを施してからカットし、縫製しているという。

NOVI.

クリエイター: イシイ ノブエ

【HP】https://nobiru-novi.shopinfo.jp/

【Creema】https://www.creema.jp/creator/768777

このほかにも、ナンスカで取材を交渉しているハヘロに、クリスマスマーケットで出会ったナカタマサミ(オヒネリ2号)、優しい作風で人を魅了するハニカミヤも会場に顔をそろえていました。

オヒネリ2号
ハヘロ
ハニカミヤ

次回もHMJで出会った気になるクリエイターを取り上げていきます。お楽しみに!

104

今井 美枝子

今井 美枝子

1965年生まれ。化学メーカーのテクニカルライターと車両板金塗装専門誌記者を経て、フリーランスライターへ。チームでインタビュー記事や企画など、コンテンツのプロデュースも行っています。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン