2020.07.23

歴史を感じる糸となって、薫る、香る。-薫寿堂「AROMA Cord」

今から約1500年前、飛鳥時代に「香」の文化は日本に伝えられました。仏教が日本に伝来されるのにともない、大陸から伝えられたといわれています。

日本の最古の歴史書である『日本書紀』には、「淡路島に漂着したおおきな香木を燃やしたところ、その煙が遠くまで薫った」と記されており、このおおきな香木は朝廷に献上されたといいます。この頃の香は、邪気祓いなどといった宗教的な意味合いが強いものでした。

時代が進み、平安時代の頃からは「香りを楽しむ」意味合いが強まってきます。衣服や手紙に香を焚きしめ、現代でいう香水の役割を果たしました。その後、武士が登場する時代になると、香を鑑賞する香遊びや、香道として確立。江戸時代には庶民にも「お線香」としてお香の使用が広まっていきました。

現在、お香は手軽に楽しめる香りのアイテムとして、広く愛されています。その形も、香りも、現代のストレス社会に合わせたものや、西洋の香りをつめこんだものなど、多種多様なものから選べるようになりました。

そんな現代のお香の新しいカタチとして今回紹介するのは、薫寿堂が製造・販売する「AROMA Cord」。その名前の通り、カラフルなひも状のお香です。

AromaCord
「AROMA Cord」は日本で唯一のひも状のお香。使い方も無限大です。

焚いて、結んで、香らせて。えっ、あんな使い方も?

「AROMA Cord」は、見た目にもかわいらしい、ひも状のお香。パッケージはまるで手芸屋さんにならぶ色とりどりの縫い糸のようです。糸はコットンでできていて、やわらかく、簡単に結ぶこともできます。

AromaCord

お香の基本は「焚く」こと。「AROMA Cord」に火をつけて吹き消せば、空間に香りが満ちてきます。紐の長さは自由自在に変えられるので、焚く時間を調整可能。ちょっと出かける前に5分リラックスタイム……、なんていう使い方もできますね。

AromaCord

ご祝儀やお香典を包むときの「水引き」として、プレゼントのラッピングリボンとしても使えます。「AROMA Cord」そのものがほのかに香るので、プレゼントなどに香りも移り、プラスワンの心添えになりそうです。

AromaCord

なるほど……と唸ってしまったのが、アクセサリーとして応用する使い方。ひも状である特性を活かし、ビーズやとんぼ玉を通してブレスレットにしたり、髪の毛に編み込んだりすることもできますよ。アクセサリーからほのかに香るので、香水のかわりに身につけるのもよさそう。

AromaCord

ラインアップは全9種。色で選んでもよし、香りで選んでもよし。1つ800円(税別)というお手頃価格で、香りもの好きな人へのプチギフトとしても重宝しそうです。

お香のはじまりの地で作られる、新しいお香のカタチ

「AROMA Cord」を製造・販売する薫寿堂は、兵庫県淡路市に本社をかまえる、老舗のメーカーです。創業は明治26年。古くからの伝統を守りつつ、「AROMA Cord」のように先進的なお香のカタチを模索し続けています。

兵庫県淡路市といえば……。先述した、『日本書紀』での一節を覚えていますか?

「淡路島に漂着したおおきな香木を燃やしたところ、その煙が遠くまで薫った」

──そう、淡路市はお香のはじまりの地なのです。
現在も、淡路市にはお香メーカーが多く所在しており、薫寿堂もそのメーカーのひとつ。淡路市のあちこちに建つお香の工場のそばを歩けば、よい香りが周りじゅうに漂っています。

そんな薫寿堂では、工場見学やお香作り体験教室も受け付けているのだそう。かくいう筆者も、実は幼いころに薫寿堂さんの工場見学にでかけたことのある一人。よい香りに満ちた工場は、足を運ぶだけでも幸せな、不思議な気持ちになれますよ。
(昨今の情勢により、営業スケジュールに変更がある場合があります。都度、お電話でのお問い合わせをおすすめいたします)

商品情報

商品名 AROMA Cord

販売元 株式会社薫寿堂

商品販売ページ https://kunjudo.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2577416&csid=0

588

山口 真央

山口 真央

北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオをこよなく愛する平成のゆとり世代です。
Twitter:@kmiycan

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン