2020.10.27

すてきなお酒との出会いを、毎月。 -KURAND「KURAND CLUB」

思いがけず増えた、「おうち時間」。今までは外にお酒を飲みに行っていたけれど、この機会に「おうち呑み」に切り替えたという人も多いのではないでしょうか。缶ビールや缶チューハイ、自分でウイスキーハイボールを作ってみたりと、おうち呑みもやってみると思いのほか楽しいものです。

しかしながら、身近にあるスーパーやコンビニエンスストアで手に入るお酒はあくまでも限られています。決まった銘柄のビールやチューハイをリピートするのももちろんよいのですが、新しいお酒との出会いは限られてしまいますよね。

特に種類が豊富にある日本酒。身近なスーパーなどで手に入れられる銘柄が限られているうえ、季節や温度に左右されやすい日本酒は、自分で選んで買うには少しハードルが高い気がします。外にお酒を飲みに行っているときは日本酒が豊富にそろったお店で、季節に合ったお酒や、今おすすめのお酒を店員さんと話しながら注文できましたが、おうち呑みではそうもいきません。どうしたものか。

今回ご紹介するのは、そんな悩める日本酒好きにおすすめしたいサービス。完全会員制の日本酒定期購入サービス「KURAND CLUB(クランドクラブ)」です。

KURAND

まだ表に出ていない、個性的なお酒と出会いたい。そんなニーズに応えます。

「KURAND(クランド)」というワードを聞いたことがあるという方もいるのでは? KURANDは、「DISCOVER YOUR SAKE」をコンセプトに、全国各地の隠れたこだわりのお酒をお届けしている酒屋さんです。オンラインストアをはじめ、テイスティングバー「KURAND SAKE MARKET」を展開しています。

KURAND

そんなKURANDの定期購入サービスとして生まれたのが「KURAND CLUB」です。完全会員制のこのサービスは、全国各地の個性的な酒蔵がKURANDとコラボレーションして作り上げた限定酒を毎月届けてくれるというもの。届けられる日本酒は「KURAND CLUB」に入会しないと手に入らないという徹底ぶりです。

そんな限定の日本酒を、日本酒のプロであるKURANDが季節などを考慮しながらチョイス。さらに日本酒は酒蔵から直送されるので、温度管理がきちんとされた、鮮度の高い日本酒が手元に届きます。

KURAND
こだわりの日本酒は個性的な名前が付けられていたり、ラベルがかわいかったり。飲み終えた瓶を並べて保管しておきたくなるようなデザインです。「ラベルがかわいい!」というユーザーのニーズに合わせ、新品のラベルが1枚同梱されています。こちらをコレクションするのも楽しそう。

毎月届けられるのは、お酒だけではありません。なんと、製造された土地ならではのおつまみも一緒にお届け。もちろん届けられるお酒との相性はバツグンで、届いた直後から「おうち呑み」を始められる手軽さがあります。同封されるお酒や酒蔵の魅力が詰まったニュースレターと共に楽しみたいですね。

KURAND
こちらのお酒は鳥取県鳥取市の「因幡を愛しすぎて伝説の酒米を復活させてしまったうさぎ」という名前。おつまみは日本海でとれる「生干ほたるいか」です。ほたるいかはライターであぶりをつけることで旨味がさらに増し、やわらかく風味豊かな日本酒ともよく合います。

「どんな人にもお酒をおいしく楽しんでほしい」、KURANDの目指すところとは。

日本酒と言われて、身構えてしまう人は思いのほか多いのかもしれません。専門用語が多くて難しそう、選び方や自分に合ったお酒がわからない……。そうした“とっつきにくさ”を取り払い、お酒をよく知らない人も、もちろんよくよく知っている人にも楽しんでほしい。そんな願いのもと、KURANDは事業を続けています。

思えば、お酒を飲み始めたばかりのころ、仕事の上司に連れられ、延々とうんちくを聞かされながら日本酒を覚えた自分の過去。私自身はそれが興味につながり、現在は日本酒が大好きなのですが、お酒を自ら知りたいと思った当時、「KURAND CLUB」があったなら……、と悔しくなってしまうようなサービスでした。

知らない、失敗したくない、だから飲まない。それではもったいない。日本酒の間口は、思っているより広いのではないでしょうか。お酒をこれから知りたいと思う人にも、すでに「おうち呑み」を存分に楽しんでいるという人にも、「KURAND CLUB」で、お酒の選択肢を広げてみてはいかがですか?

サービス情報

サービス名  KURAND CLUB

公式サイト https://kurand.jp/pages/kurand-club

571

山口 真央

山口 真央

北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオをこよなく愛する平成のゆとり世代です。
Twitter:@kmiycan

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン