2020.11.06

どこからともなく漂うさりげない香り 新しいスタイルのお香で彩るしあわせな空間「Ku」(クウ)

「Ku」(クウ)

皆さんはお香といえば、どのようなイメージがありますか?
かつては仏壇に供える線香や、一部の人だけが使う敷居の高いものといった印象があったのではないでしょうか。
近頃では日常的に使いやすい商品も増え、アロマのように使われるようにもなりました。

「Ku」(クウ)は和紙でできた不思議なお香。和紙に香料を加えて漉く、特殊な製法で作られています。
見た目も葉っぱがついた木の枝のようで、なんだかとってもかわいらしく、お香らしくありません。火をつけて薫らせるのはもちろん、火をつけないそのままの状態でも、香りを楽しめる特徴があるのです。

今回は、そんなちょっと変わり種のお香「Ku」をご紹介。魅力や楽しみ方に触れていきたいと思います。

お香の名産地、淡路島が生み出した「Ku」とは?

「Ku」(クウ)

兵庫県にある淡路島は線香の生産量が日本で第一位、全国のシェア約7割を誇ります。まさにお香の名産地と言っても良いでしょう。
「Ku」を手掛けたのは、淡路島で80年以上続く線香メーカー・株式会社 大発と、伝統工芸や地場産業のプロデュースを行う、トランクデザイン 株式会社。

大発が「Ku」の素材となる和紙のお香を開発したのち、トランクデザインが商品やパッケージのデザインを行い、「Ku」として商品を世に送り出したかたちです。

職人は高い技術によって優れたものを作り、デザインや販売はその道のプロにまかせる──それぞれの得意な分野で力を発揮することで、これまでにはない新しい商品の誕生となりました。

「Ku」をかたちにするまでの繊細で丁寧な作業

「Ku」(クウ) 

これまでに紙に香料を付着させたものはありましたが、混ぜ込んで和紙にしたのは「Ku」がはじめて。そしてこの「Ku」は、とても手間暇かけて作られているのです。

まずは棒状のお香を作り、石臼を用いて粉末にします。ここで石臼を使うのは香料の香りを消さないため。
粉から作られたお香をふたたび粉にする作業は、いっけん無駄なようですが、うまく燃えるお香を作るには欠かせない工程なのです。

このお香の粉末を和紙の材料の中に溶かし、手漉きをすることで、和紙のお香「Ku」が作られます。

香りのマイスター・香司(こうし)による香りのクオリティ

「Ku」(クウ)

淡路島のお香のメーカーには、独自の香司(こうし)と呼ばれる仕事が存在します。
香りのマイスターである香司。彼らの丁寧な仕事によって、淡路島産の商品のクオリティが生み出されたと言っても過言ではありません。

「Ku」では、いわゆるお香の香りだけではないハーブや花といった、アロマに使われる
香りのラインナップも。「Ku」の毎日使い続けたくなる豊かな香りは、プロの繊細な仕事によって支えられています。

焚いてもそのままでも、「Ku」の楽しい使い方いろいろ

「Ku」(クウ)

そのままでも、通常のお香のように焚いても楽しめるのが「Ku」の特徴。
植物をかたどったかわいらしいかたちに和ませられ、葉っぱをちぎる動作もなんだか楽しい気分にしてくれます。
そんな「Ku」の見た目や特徴を活かした、楽しい使い方をご紹介します。

香りと見た目で癒される、おしゃれなインテリアとして

ディフューザーのように使うこともでき、お部屋の壁や窓辺に飾っても素敵。クローゼットにしまってサシェとしても良いですね。

そのままでもちゃんと香るので、火が使えない場所でも香りが楽しめます。
香りはもちろん、見た目にも癒されるおしゃれなインテリアとしても。
ベッドサイドに置いたら、やさしい香りできっとリラックスできそう!

ちぎった葉っぱをしのばせて…いつでもどこでもお気に入りの香り!

「Ku」(クウ) 

ちぎった葉っぱを名刺入れや財布にしのばせておけば、開けるたびにさりげない香りが漂います。お気に入りの香りを嗅げば、いつでもどこでも気分が上がること間違いナシ!
手紙やカードにそっと添えて、気持ちと一緒に香りも届けるのはいかがでしょう?

いつものお香のように薫らせて…

「Ku」(クウ) 

葉っぱをちぎって火をつけ、通常のお香のように焚く方法も。灰皿などに入れて、専用の不燃マットの上にのせて香りを楽しみましょう。

飾っていると時間の経過とともに弱まる香りも、火をつければちゃんと元通りに!しっかり香りを楽しめます。

現代の空薫(そらだき) 新しいかたちのお香が彩る、しあわせなひととき

「Ku」(クウ)

日本に古くからあるお香の楽しみ方として、空薫(そらだき)というものがあります。
練香や香木などに直接火をつけることなく、ふんわりと香りを漂わせ、部屋全体の雰囲気を変えたいときなどに用いられてきた方法です。

ふとどこからか香ってくるような、やわらかな香り。
「Ku」はそんなさり気ない香りの楽しみ方を提案する、新しいかたちのお香です。わたしたちの日常にそっと寄り添いながら、きっとしあわせなひとときを彩ってくれるでしょう。

商品情報

商品名 Ku(クウ)

販売元 トランクデザイン 株式会社

公式サイト https://ku.trunkdesign-web.com/

オンラインストア https://hyogocraft.shop-pro.jp/?pid=147545092

723

ナンスカ編集部

ナンスカ編集部

"日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン