2019.12.15

怖かったお客さんリスト

アイキャッチ

皆さんこんにちは。

顔面占いのマスコットキャラ「顔面おじさん」です。

今回はタイトルの通り、顔面占いをしていて怖ッ!!と思ったお客さんについて書きたいと思います。

もちろんプライバシーに関わることは一切触れていませんので、あれ?これあの人じゃね?と思ってもほんわか包んでいるのでご安心を。

それでは数百人の中から、怖かったお客さん数人を選抜で紹介したいと思います。

描かれたくない人

これはどういうことかと言うと、要は似顔絵とか占いが大嫌いな人のことです(笑)

ではなぜ、そんな人をこちらも描くはめになったかと言うと。。

顔面占いのことが好きで、まれに何度も来てくれる人がいるんですが、その方が絶対に描かれたくない!! ってオーラビンビンの友達をまれに連れてきちゃうんです。

こちらももちろんそんな人は描きたくないんですが、その場のノリもあるのでしょうがなく顔面占いすると、ま~100%スベります。

そして似顔絵を渡すと、乾いた笑顔+死んだ目で「ありがとうございましたー!」というのを必ずもらいます(苦笑)

うぅ、、怖えぇ。

昼なのにへべれけなおじさん

昼なのにへべれけなおじさん

そもそも昼で、へべれけに酔ってるところでも相当ヤバいのに、第一声に放ってきた言葉が

『オマエみてえなヤツににオレの顔かけんの?』

だったんです。

年齢は50代ぐらいで奥さんも一緒に来ていたんですが、コレが面白くて奥さんが全く旦那の暴走を止めないんですよ(笑)

奥さんがコントロールしてくれるもんだと思ってたのにその助け舟はなし。もうやるしかないです。。

そして似顔絵を描いている間も、ずっとガンつけてくるので、これ変に描いたらブチギレんじゃねえか?と終始ヒヤヒヤしてましたが、あまりにも態度が悪いのでこちらもスイッチが入ってしまい、思いっきりブサイクに描いてみました!

すると、「ハハハ!」と本気で笑ってるんです(汗)

その後も態度を急変させることもなく、和気あいあいと事は進み、しまいにはアツい握手を交わし円満にサヨナラをしました。ナゾ!

最初の怒りモードも相当怖かったけど、最後の和気あいあいも超不自然だったので、どう転んでも怖いという印象は変わらなかったです。。

読めないキャリアウーマン

某大きな会社のパーティーで顔面占いをした時に、気の強そうなキャリアウーマンを描くことになったのですが、こういうタイプの方をブスに描くのは御法度と肝に銘じていたので、最上級にかわいく描きました。

そしていざ見せると、「えーーー!!つまんなーーい!もっとひどく描いてくれると思ったら全然普通じゃん!てか目の下もっとシワあるしー!」などなど、まさかのブスに描いて欲しかったですクレームを入れてきたんです!

そんなクレームは初だったので、なんて言って良いか分からず、『いやいやお美しいのでこうにしか描けませんよ~!』と思ってもいない事を言ってしまい、どスベりこきました(笑)

それ以来キャリアウーマンをイジる時は変に構えてしまいます。

数珠だらけのおばさん

数珠だらけのおばさん

これも怖かったですね~。数珠を片腕にはめているぐらいなら『ちょいスピかな?』とそこまで勘ぐりもしませんが、この方は両腕に3つずつ。さらにネックレスに邪気を寄せ付けなさそうな、ゴリゴリの数珠をつけている完全装備の方でした。

それでもって言われた一言が、「私は占い師ではないけど霊視ができるから、どんな事言われるか楽しみ~」ときたもんです。。

怖い、普通に怖すぎるよおばさん。。霊視できるならこれが偽物のパロディーって見抜いてくださいよ!

てな流れで最終的に怒られるんじゃないかとビビっていましたが、意外と笑には寛容でそこそこ笑ってもらい普通に終わりました。

でも霊視した上でのスカしだったのかも? とか後味が悪かったのは今でも覚えています(笑)

一点を見つめてくる少年

一点を見つめてくる少年

この少年は今まででダントツに怖かったです!

家族に連れて来られた、小学3年生ぐらいの坊やだったんですが、何を聞いてもことごとく無言

質問には全て家族が答えるしまつ、、

なんだ『このガキ!ラストエンペラーかよ!』って感じでしたが、たまにそういうシャイな子もいるので、気にせず描き進め似顔絵を見せました。

反応は、もちろんノーリアクション。

まあそんなの想定内だし、びくともしなかったんですが、描き終わってもずっこちらを見つめてくるんです(汗)

さすがに何だか怖くなってきたので、その子が持っていた人形をおもむろに似顔絵の横に描きたして、再び見せました。すると、まさかの大爆笑!!

え!?笑いのツボ怖ッ!いやまてよ、つっても子供じゃん?変に感じすぎだぜ自分。と一瞬冷静になりましたが、笑顔でもその子の目は全く笑っていなかったので、たぶんリアルオーメンだったんだと思います(笑)

オカルト&バイオレンス映画見過ぎ説

この少年にオーメンを感じてしまったり、へべれけのおっさんがいきなり殴りかかってくるんじゃないか?とかやたら怖がってしまうのには、きっとオカルトやバイオレンス映画を見過ぎてるのが影響してるんじゃないか?とこの記事を書き終えて思いました。

というか怖がってるんじゃなくて、どこかでオカルト&バイオレンス待ち?な体質になっているのかも知れません(笑)

こういう心理状態をウェイティング・ディザスターと言うみたいですが、たぶんプチそれなんだと思います。

まあとはいえ、オカルトなお客さんよりたくさん笑ってくれるお客さんを待っているので、そういうフェチはないと思いますが(笑)

以上顔面恐怖体験でした!

次回の顔面小話もお楽しみに~

文・絵:ニッパシ

270

顔面占いニッパシ館

顔面占いニッパシ館

ズバリ開運!顔描いて精一杯パロディ占いをしています。顔面占い師・ニッパシと、プロデューサー川勝小遥がみなさんをちょっと不思議なエンターテインメント体験へと誘います。
Twitter:@nippashi_kan
Instagram:@nippashi_kan

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン