2019.05.07

山手線のナンスカ〜田町編〜

山手線のナンスカ〜田町編〜

こんにちは!たぬき好きのイラストレーター、田中チズコです。

都内を走る最もポピュラーな電車といえば山手線。

そんな山手線の知られざるナンスカを、お散歩好きのたぬきくん(以下:)と好奇心旺盛な山さん(以下:)と共にレポートしてゆきたいと思います。

「田町」のイメージってナンスカ?

 頭文字がたぬきの「た」だから、きっといい街だよ!

 う〜ん、やっぱりオフィス街かなぁ?

さて、実際のところはどうでしょう? 今回は、JR田町駅を降りてから、慶應義塾大学三田キャンパスに行き、その後、芝浦方面までぐるりと回って歩いてみました。トータル4時間のゆる〜いお散歩(笑)。はてさて、どんな発見があるかしら?

キャンパス奥に、福沢諭吉最期の地

福沢諭吉最期の地

 何だかもの寂しいところだなぁ。

 おや、木陰に石碑があるぞ!

 

学生で賑わうキャンパス奥に『福沢諭吉終焉之地』の石碑がひっそりと建てられています。1901年、66歳の福沢諭吉はここにあった自宅で永眠しました。

紙幣の刷新が決まり、お財布の中の彼の姿もいずれ見なくなるのだなぁと思うと、なんだか少し寂しいですね。いつもお世話になっている諭吉さんに、感謝の思いを込めて手を合わせました。

ちなみに構内にある『山食』は日本初の学生食堂なのだとか。レトロな店内はまるで昭和にタイムスリップしたかのよう。名物の山食カレー(320円)は、意外なスパイシーさがクセになります。

ペンギンたちがお出迎え!南極探検隊出発の地

南極探検隊出発の地

 わ〜、ペンギンだ!魚をあげよう!

 待って、これペンギンの像だよ!

田町駅からレインボーブリッジが見える海の方へ行き、いくつかの橋を超えた先にある「埠頭公園」。こちらの碑は、日本初の南極探検隊が1910(明治43)年にここ芝浦ふ頭から旅立ったことを記念して建てられました。水辺にも4羽のペンギン像があったり観測船のような遊具があったりと、土地の歴史を親しみやすい形で表現したユニークな公園です。

ちなみにこの辺りは日本プロ野球の発祥の地でもあるそうで、公園のとなりには立派な少年野球場があります。

ラジオっ子の聖地! 放送記念碑

 放送記念碑

 おや、階段の裏に意味深な石碑が…

 『放送記念碑』だってさ! ラジオ好きにとってはまさに聖地だね。

田町駅芝浦口の階段裏にずしんと佇むのは「放送記念碑」。大正14年3月1日、日本最初のラジオ放送がこの地で行われました。今に続く日本のラジオ文化はここから始まったのですね。

始まりの街、田町

 田町ってすごいなぁ。学食も南極探検隊もラジオ放送も、それから日本プロ野球も…みんなここから始まったんだね。

 そして江戸の正面玄関と来たもんだ、まさに始まりの街だね!

「始まりの街」である田町が偶然にも連載第1回目となり、幸先の良いスタートとなりました。次回、浜松町編もどうぞお楽しみに。

 

今回歩いたところをマップにまとめてみました♪ 田町散策のおともに〜。

山手線・田町マップ
山手線・田町マップ

2570

田中 チズコ

田中 チズコ

1986年、福島生まれ東京育ち。 大学卒業後、玩具雑貨メーカーにてキャラクターグッズの企画開発に携わる。2015年頃よりフリーで雑誌や書籍等のイラストを担当。たぬきの置物が好きです。
Twitter:@nihon_chizu
Instagram:@nihon_chizu

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン