2020.02.19

アートなカフェギャラリー 谷根千巡りの憩いのスポット HAGI CAFE

まるで藝大のアトリエ? 静謐で明るいギャラリー

HAGI CAFE(はぎかふぇ)は岡倉天心公園の前にあります。そのせいか、谷根千(谷中、根津、千駄木のエリアのこと)に遊びに来た観光客が次から次へと来店します。外観がとびぬけておしゃれだからかな? 木造の黒で統一された外観は、住宅街に溶け込んでいる美しさ。調和という言葉がふさわしいのです。

散策の帰り、下町の風情を満喫して疲れた足を休めに来た観光客の、くつろぎのひと時を邪魔するのは余りに無粋。迷惑にならないよう、記者もカフェの雰囲気を楽しむことにしました。

収容人数は全部で多くても30人ほど。
真四角の木のテーブルは、飾りっけはないけれど、しっかりとした造り。椅子も木製の背もたれに四角い木の座面というもの。きちんと机の下に収まるサイズです。一言で示すならば質実剛健、学生のころ使ったような、そんな記憶を呼び覚まさせる風情なのです。

店内には静かに音楽が流れ、会話の邪魔にならないほどの音量を保っています。CAFEのすぐ横にはHAGI ARTが併設され、この日は海外のフォトグラファーによる写真展が開催されていました。

このHAGI ART、アーティストやクリエイターの方にはHAGI STUDIO監修のもと、無償で貸してもらえるらしいのです。
ギャラリーにふさわしいコンテンツかどうかの判断も含め、スケジュールなどもHAGI STUDIOが一手に引き受けてくれるのが頼もしい限りですよね。

かつては東京藝術大学に通う学生のアトリエとシェアハウスを兼ねていただけあって、HAGISOに生まれ変わってもその雰囲気だけは変わらず残されています。

灯りも家屋の雰囲気に合わせてモダンレトロな風情

2人席に通されると、白いシャツにパンツ、ギャルソン風の前掛けに髪を束ねた若いスタッフがお水を運んでくれました。ランチタイムの時間、すでに奥の多人数用の座席は人で埋まっています。

ランチで人気なのはドライカレーとサバサンドなのだとか。早速その二つをチョイスしました。

素材の素性がいい、体に優しい食事が中心

おいしそうなドライカレー。スパイシーだけれど、決して辛くない。滋味深い……

カレーのご飯は五穀米かな?ヘルシーな感じ。赤い福神漬けなどは見当たらない……。あれはあれで目に鮮烈ですし、アクセントにはなるけれど、確かにここのドライカレーにはしっくりこないかも。半熟卵がカレーの上にそびえたつというスタイル。

食材は厳選したものを使っているという印象。HAGI CAFEのメニューもHAGI STUDIOがプロデュースしているのですって。専任の人がいて、食材を求めて日本全国を旅して、自分の足と舌で確認して仕入れているとか。仕入れた野菜はカフェと西日暮里スクランブルで出しているらしいのです。HAGI STUDIOの企画力と行動力、おそるべし……!

お味は複雑な香辛料の香りが食欲をそそります。スパイシーなのだけれど辛くない!辛すぎないというのでしょうか。気づいたら、すっかり食べ終わっていました。

サバのスパイシーポケット。ピタパンにサバと野菜の具がぎっしり詰まっていました。

一方こちらはサバのスパイシーポケット。サバを使ったメニューは2種類あって、焼いたサバをサンドイッチ仕立てにしたサバサンドのほかに、ピタパンを使ったものがあり、今日はそちらをチョイス。

サバのフライをはさんだものかと思っていたら、サバの身がほぐしてあって、カレーベースのソースであえてあり、それを新鮮な野菜と絡めてピタパンにはさんでいるのです。

これも見た目に反して質実剛健、具がたっぷりでおなか一杯になります。ちょっと味を変えるためか、ガスパチョ風のトマトソースが。これをピタパンにちょっぴり添えると、酸味で味がさらにきりりと引き締まっておいしい! 非常に食べ応えのあるサンドでした。

取材を終えて

HAGISOを立ち上げてまる7年。HAGI CAFEは現在、地元の人に向けた店づくりに力を入れており、メディアなどへの露出を積極的には行っていません。とはいえすでに谷根千巡りのおしゃれカフェとして有名になってしまったせいか、ランチ時には長い行列ができるほど。

一方モーニングはhanareの滞在客と地元の方たちの利用が主のようで、HAGI CAFEは地元にすっかり定着しているな、と感じました。

取材時のランチタイムにはこの辺の在の方なのかな?と思しき人たちがたくさんいて、HAGI CAFEが大事なコミュニティセンターのような機能を果たしているのだとも感じました。
 
アーティストとクリエイター、そして地域の人たちが結びつく場所、それがHAGI CAFEなのですね。

店舗情報

住所:東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO

電話:03-5832-9808(CAFÉ)

E-mail: info@hagiso.jp

営業時間: 8:00 ~ 10:30(モーニング営業)  12:00 ~ 21:00

定休日:不定休(※臨時休業あり)

HP:http://hagiso.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/hagiso

740

今井 美枝子

今井 美枝子

1965年生まれ。化学メーカーのテクニカルライターと車両板金塗装専門誌記者を経て、フリーランスライターへ。チームでインタビュー記事や企画など、コンテンツのプロデュースも行っています。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン