2019.05.15

5月15日は『ヨーグルトの日』! 由来やヨーグルトに合う意外な食べ物をご紹介

ヨーグルトの日

子供の頃に「ヨーグルトは体にいいから食べなさい!」と言われてきた人も多いはずです。ヨーグルトの起源にはさまざまな説がありますが、およそ7000年前には存在していたと言われるほど、とんでもなく長い歴史がある発酵食品なのです。日本では、1950に㈱明治(明治乳業)から発売された「ハネーヨーグルト」が知名度を高めたと言われています。

そんなヨーグルトの日が、515って知っていますか?

今回は「ヨーグルトの日」の由来や、「ヨーグルトに合わせると意外と美味しい食べ物」を紹介していきます!

『5月15日はヨーグルトの日』の由来

「ヨーグルトの日」は、2012年の515日に㈱明治により制定されましたが、その由来は……

ノーベル生理学・医学賞を受賞した免疫学者E・メチニコフ生誕の5月15日を、㈱ 明治では「ヨーグルトの日」と定めています

引用:株式会社明治の公式HP

まず「免疫学者E・メチニコフ」って誰やねん? という声が聞こえてきそうですね。

メチニコフ博士は、ヨーグルトが健康に深く関係していると主張し、1907年に世界中にヨーグルトを広めるきっかけを作った、ロシア生まれの生物学者です。

たしかに、現代ではヨーグルトには腸内環境を整えて「免疫力UP」「老化防止」「便秘・肌トラブルの改善」など、さまざまな効果が期待できると言われていますが、これを大昔に主張したとは、すごい博士ですね!

今まで、ヨーグルトでイメージするのは「明治ブルガリアヨ~グルト~」のCMが印象的な、ブルガリア出身の元大関・琴欧洲でしたが、世界的には「メチニコフ博士」の方が有名なようです。

※ ちなみに琴欧洲は、現在スカイツリー近くにある鳴戸部屋で師匠をやっています。すごい!

意外な発見!ヨーグルトに合う食べ物とは?

ヨーグルトプレーンは、砂糖やジャムなどと混ぜて食べるのが主流だと思います。さらに、健康を意識した人はフルーツを混ぜたり、きなこや黒蜜などにも合うと人気です。また、料理の隠し味で、カレーやドレッシングにも使われる万能な食品です!

そんなヨーグルトと、合わせて食べると美味しいと密かに話題になっている「意外な食べ物」を紹介してきます。

マシュマロ×ヨーグルト

マシュマロ

×白でビジュアル的には良さそうですが、味はどうなのか

作り方は簡単で、ヨーグルトにマシュマロを一晩ほど漬けておくと、絶品スイーツになるようです!

参考
大人も子供も盛り上がる!マシュマロヨーグルトを楽しもう(明治ブルガリアヨーグルト倶楽部)

甘酒×ヨーグルト

甘酒

意識高い系の女性は、すでに始めてるかも…??

作り方は、甘酒とヨーグルトを同量入れて、均等になるまで混ぜ合わせるだけ! 便秘解消や美肌効果に期待できます。

ホットにしたり、フルーツを入れてスムージー風にするのも人気です。

参考
ホット甘酒ヨーグルト(明治ブルガリアヨーグルト倶楽部)

納豆×ヨーグルト

納豆

想像すると、疑問しか出ませんが

食べ方は、納豆1パックにヨーグルト(プレーン)を大さじ2~3杯ほど入れて混ぜます。お好みで、付属のタレや味噌などを入れるのもおすすめで、健康的な発酵食品の最強コンビと言えそうです。

参考
納豆とヨーグルトの食べ合わせの効果を徹底調査!ダイエット効果も?(グルメノート)

たくあん・キムチ・辛子高菜×ヨーグルト

キムチ

さすがにこれはと失笑していませんか?

作り方は簡単で、水きりしたヨーグルト(プレーン)にそれぞれの食材を混ぜるだけ。爽やかな酸味と漬物が意外と相性が良いとされています。

参考
水切りヨーグルト3種(雪印 メグミルク)

 

気になる組み合わせがあれば、ぜひ試してみてください。ヨーグルトの食べ方の幅が広がるはずです!

#ヨーグルトの日 の気になる投稿

515日のヨーグルトの日には、ネットも少しざわついたようです。「#ヨーグルトの日」で見つけた面白い投稿をご紹介します。

 

見過ごしがちなフタの裏……勉強になります!

初耳学!な、夜グルトってなんだ??

こんなのあるんだ! どこでもらえるの?

この投稿をInstagramで見る

#ヨーグルトの日 だってさ! #5月15日

しょーたいむ(Syo Aoki)さん(@syo_time)がシェアした投稿 -

最後は、ヨーグルト好きなら体験したい……最高のシチュエーションです。

なんだかヨーグルトが食べたくなってきた

いろいろ調べていると、ヨーグルトが食べたくなってきました。市販されているさまざまな味付けの商品も良いですが、プレーンヨーグルトを自分流にアレンジすると、その食べ方は無限大! お気に入りの食べ方を見つけられるヨーグルトって、改めてすごい食べ物ですね。

これからは、メチニコフ博士と琴欧洲(なぜ?)に感謝しながら、いただきます!

9659

きゃおり

きゃおり

東京生まれ。3度のメシと、スイーツがすき。旅行やら出張やらで、だいたいの都道府県は訪れたプチトラベラーです。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン