2021.07.06

何時間でも美味しい温度!スマートなドリンクホルダー「PORT」

ドリンクホルダー「PORT」

朝のコーヒーから夜の晩酌まで、私たちは1日に沢山の飲み物を口にしています。せっかく飲むなら、コーヒーはホッとするほど温かくて、ビールや酎ハイはしっかり冷えているのが理想ですよね。

今回は、さまざまな用途に応じて温度を操るスマート家電 「PORT(ポルト)」をピックアップ。コンパクトながら多機能で優秀なドリンクホルダーをご紹介していきます。

温度を操るスマート家電「PORT」とは

ドリンクホルダー「PORT」
インテリアに溶け込むスマートなデザイン

「PORT」は、洗練されたデザインと高い機能性を持ち、入れておくだけでドリンクの美味しい温度を保つことができるドリンクホルダーです。ペットボトルはもちろん、缶やビンなどさまざまな容器に入った飲料の美味しさや、ベストな温度を保つと話題になっています。

制作・販売しているのは、電子冷却応用製品などの開発や設計、製造を得意とする創業30年を超える企業「株式会社テックスイージー」。30年以上温度を操ってきたメーカーがつくる優秀なドリンクホルダーは、日本のものづくりの醍醐味を感じることができます。

「PORT」が最初に販売されたのは2019年。クラウドファンディングサービス”Makuake”にて、開始からわずか10日で720台が完売しました。当時も人気だったドリンクホルダーですが、”10年越しの再挑戦!”と銘打って、さらに改良を重ねてパワーアップして戻ってきたとのこと。ユーザーからの声を元に、デザインや性能面を大幅にアップデートしているので、かなり期待が持てそうです!

まずは、「PORT」の気になる仕様を確認してみましょう。

●穴の直径:7.5cm
 ※一般的なペットボトル(350~600ml)、缶飲料、瓶ビール(330ml)で使用可能。
●カラー:アイボリーホワイト、アイボリーブラック
●付属品:USB-C to USB-Aのコード0.9m 1本、取り扱い説明
●価格:9,350円〜

ドリンクホルダー「PORT」
ドリンク以外の保存にも最適です。

「PORT」のここがすごい!5つのポイント

2019年の最初の発売から徹底改良された「PORT」ですが、どんな機能がついているのか、どんな所が優秀なのか、ポイントをチェックしていきましょう。

1. 7段階の温度設定が可能
「PORT」の大きな特徴は、約5〜60℃までの保温と保冷の温度設定ができることです。5℃なら自販機で買ったばかりの冷たさ、60℃なら自販機よりも暖かくなります。そして、20℃は化粧品の保存に最適で、40℃はぬる燗や白湯にちょうど良い温度です。
ドリンクだけでなく、化粧品や日用品の保存にも最適なのです。

ドリンクホルダー「PORT」
7段階から快適な温度が選べます。

2. 快適な静音設計
保温や保冷をするパワーをしっかり持ちながら、とても静かな「PORT」。音は31.1dbで、エアコン(45db)や扇風機(40db)より小さく、ささやき声(30db)とほぼ同じくらいです。つまり、静かに進めたい仕事や、ゆっくり眠りたい寝室でも快適に使用することができます。

3. お財布にやさしい省エネ設計
家電で気になるのが、電気代という人は多いですよね。「PORT」は、8時間電源を入れっぱなしでも、なんと電気代は約2.7円。これは、スマートフォンの充電と同じくらいの省エネ設計です。

4. 専用アプリで遠隔操作
「PORT」は、スマートフォンの専用アプリで遠隔操作をすることもできます。家やオフィスに戻る前に遠隔で温度設定しておけば、戻った時に最適な温度を楽しめます。このアプリは、ユーザーさんからの要望で開発されたというので、意見を取り入れてくれる前向きさが頼もしく感じますよね。

5. スタイリッシュなデザイン性
「PORT」はさまざまな機能性もさる事ながら、高いデザイン性もチェックポイントです。たおやかな曲線美が家やオフィス、さらに屋外で使用する場合など、どんなシーンにも馴染むデザインが魅力的です。

ドリンクホルダー「PORT」
ドリンクホルダーとは思えぬスタイリッシュさ!

夏も冬も重宝するドリンクホルダー「PORT」

スマートな見た目とさまざまな機能が魅力的な「PORT」をご紹介しました。夏の暑い日から冬の寒い日まで、季節に合わせて1年中好みの温度でドリンクを楽しみましょう。

商品情報

商品名   温度を操るスマート家電 「PORT」

商品販売ページ https://www.makuake.com/project/texeg02

2370

きゃおり

きゃおり

東京生まれ。3度のメシと、スイーツがすき。旅行やら出張やらで、だいたいの都道府県は訪れたプチトラベラーです。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン