2020.02.25

真っ白なカードで神経衰弱?!紙の世界の入り口「紙神経衰弱」

誰もが1度はやったことがあるであろう「神経衰弱」。裏向きのトランプをめくっていき、同じ数字のペアを探すカードゲームです。

もし、トランプの表が全部真っ白だったら、神経衰弱は成立するのでしょうか?普通に考えたら「しない」ですよね。

しかし、この世には真っ白のカードだけで成立する神経衰弱が存在します。それが今回紹介する「紙神経衰弱」。裏面は一見普通のトランプ。しかし、表にめくると全てが真っ白。52枚あるカード全てです。

それだけ聞くと…「数字もマークも無くて一体どうやってペアを作るの?」「それはゲームとして面白いの?」こんな疑問が湧いてきませんか?

そんな疑問を持った人に、この記事では紙神経衰弱の遊び方やその魅力をお伝えしています。紙神経衰弱は遊びとしてはもちろん、その着眼点を知るだけでもめちゃくちゃ面白い商品です。ぜひ気になる人はぜひ読んでみてください。

すべて白紙のカードゲーム・紙神経衰弱とは?!

紙神経衰弱は、Kino.Qという会社から販売されているカードゲームです。
54枚あるカードの表面はすべて真っ白。でも、実は1枚1枚にハッキリとした違いがあります。その違いは「紙の種類」。写真では伝わりませんが、26種類の紙が2枚ずつペアになっています。

【紙神経衰弱】遊び方のキホンとは?

では、実際にどのように遊ぶのでしょうか?

通常のトランプで行う神経衰弱では、同じ数字をペアで揃えていきますよね。一方、紙神経衰弱は「同じ種類の紙」をペアで揃えていきます。

ここで心配になるのが「正しいペアかどうかをちゃんと判断できるの?」ということ。紙に詳しい人じゃない限り、さすがに真っ白の情報だけでは正解かどうかもわかりません。でも、そこは大丈夫!一見ただの真っ白なカードですが、端をめくってみると…紙の名前・色・重さが出てきます。これを見れば、誰でも正しくジャッジできます。

紙神経衰弱の遊び方はいろいろ!

販売元のKino.Qが紹介している紙神経衰弱を使ったゲームをご紹介します。

紙神経衰弱・ウラVer 難易度★★★

トランプと同じように、オモテ面を下にします。「めくったところで、どうせ白!」という状況がちょっと笑えますよね。

紙神経衰弱・オモテVer 難易度★★☆

オモテ面を上にします。見た目の違いをヒントにペアを揃えていきます。

紙ジジ抜き 難易度★☆☆

1枚カードを抜いた状態で配布します。ババ抜きのように、同じ紙のペアが出来たら捨てていき、最後に1枚だけ残った人が負けです。

五感を使って”利き紙”に挑戦!

遊んでいくうちに、26種類の紙の名前と特徴をだんだん覚えていくと思います。そこで次は五感を使った「利き紙」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

例えば…
●質感や触り心地で判断する「触覚」を使った効き紙。
●見た目の細かい違いを覚える「視覚」による利き紙。
●紙をこすった時の音の違いで判断する「聴覚」による利き紙。
●もしかしたら香りに違いがあるかもしれない「嗅覚」による利き紙。

こんな利き紙が上達していくと、紙の世界にどっぷりハマっていくかもしれません。

知ると面白い!紙にだって種類がある!

「岩はだ」「マーメイド」「玉しき」この名前の共通点はなんでしょうか?3つとも紙神経衰弱に入っている紙の名前なのです。

「バラ」や「ヒマワリ」など、花の名前なら大半の人がいくつか認識していますよね?では、紙の名前はどうでしょう?花ほど言える人はあまりいないのではないでしょうか。普段何気なく使っている紙にも、花同様それぞれに名前があります。

紙の名前を意識して生活すると「この便箋の紙の種類は○○だ」「この包装紙は○○だ」など、色々な種類の紙が使われていることに気付くはずです。そこからさらに「この便箋を作った人はなぜこの紙の種類を選んだのか?」など、作った人に思いを馳せることもできます。

そう考えると、たった1枚の紙からどんどん世界が広がっていく感じがしますよね。紙神経衰弱は、紙をただの「紙」に終わらせず「紙」の奥深さを知るきっかけを与えてくれる商品です。

紙の世界に興味が湧いた人は、紙神経衰弱から始めてみてはいかがでしょうか?

発想が面白い!Kino.Q

紙神経衰弱を販売しているKino.Qは、文房具をテーマにしたユニークな雑貨やカードゲームを販売しています。”色”で遊ぶ「いろかるた」やメジャーをモチーフにしたマフラーなど、面白い商品がたくさん揃っています。ぜひ公式HPやSNSをチェックしてみてください。

商品情報

商品名 紙神経衰弱

価格 3,300円(税込)

公式HP https://kinoq.theshop.jp/

Facebook https://www.facebook.com/kinoqofficial

Twitter https://twitter.com/29182929cm

Instagram https://www.instagram.com/kino.qcm/

129

ナンスカ編集部

ナンスカ編集部

"日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン