2020.04.10

あなたに合った「○○マン」はどれ?「しごと」から生まれたBAGWORKSのかばんたち

BAGWORKS

日常で使用するかばんに求めるものはなんですか?
「使いやすくて丈夫で長持ち、かつオシャレでどんな服にも合わせやすい…」

もしそんなかばんを求めているなら、ぜひおすすめしたいのが「BAGWORKS(バッグワークス)」のかばんです。今回は、機能性・耐久性・デザイン性に優れたBAGWORKSのかばんたちをご紹介します!

BAGWORKSが生産するのは「日常で使える”しごとのかばん”」

BAGWORKS

BAGWORKSは「日常で使える”しごとのかばん”」をコンセプトそしたファクトリーブランドです。

ブランドを立ち上げたのはバッグワークス株式会社。日本一のかばん産地である兵庫県豊岡市で1954年に創業した会社です。創業以来、さまざまな企業の要望に応えた「専門的な業務用かばん」を手工業で生産してきました。

その技術・経験・ノウハウを活かして立ち上げたのがファクトリーブランド「BAGWORKS」です。

BAGWORKSでは業務用かばんの機能性や特徴を活かし、街中に馴染む「カラー」「形」「素材」などデザイン性にも優れたかばんを生産しています。

商品名は、すべて職業名にちなんだ「○○マン」。わかりやすくてユニークなネーミングも特徴のひとつです。

ここからは、そんなBAGWORKSブランドのかばんをいくつかご紹介します。

かばんの中身を取り出しやすい!「ポストマン」

BAGWORKS

郵便配達員さんの業務用かばんを原形に作られたかばんが「ポストマン」です。

郵便配達員さんは、肩から下げた大量の郵便物を次々と郵便受けに投函していきます。悪天候の中でも大事な郵便物を雨風から守らなければいけません。

そのため郵便配達員さんの業務用かばんには

・スムーズに中身を取り出せる

・雨風から中身を守る

・軽量

などの特徴があります。

BAGWORKSのポストマンも、これらの特徴を受け継いでいます。

取り出し口にはファスナーなどを使用せず、中身をサッと取り出せる設計に。かばんの中身を雨風から守るフタは、風でめくれないようスナップでしっかり止めれます。しかも、スナップだから開閉も簡単です。

素材には、軽量で丈夫な特徴を持つ「8号帆布」という生地を使用しています。

見た目も、スナップ部分の本革がアクセントになりシンプル過ぎないデザインがおしゃれですよね♪

ガバッと開いてかばんの中身が一目でわかる!「ドクターマン」

BAGWORKS

お医者さんが往診時に使用するかばんが原形となっているのが「ドクターマン」です。

お医者さんは往診先で、スムーズな医療器具を出し入れが求められます。また、移動中の悪天候から医療器具を守ることも重要です。

そのため、往診時のお医者さんのかばんには

・一目でバッグの中身を確認できる

・道具の出し入れがスムーズにできる

・雨に強い

などの特徴があります。

その特徴を受け継いでいるBAGWORKSのドクターマンは、取り出し口がガバっと大きく開く口枠式。中身が確認しやすく、出し入れが簡単です。

ソコ部分の素材には、防水防汚機能に優れたターポリン生地を使用しています。

少しコロンとした形が個性的で可愛らしいですよね。ドクターマンには持ち手タイプのほかにも、ショルダータイプもあります。

マチが広くて重さに強い!「ミルクマン」

BAGWORKS

牛乳配達員さんの業務用かばんを原形にしているのが「ミルクマン」です。

牛乳配達は、たくさんの牛乳瓶を一度に運びます。配達途中に牛乳瓶が倒れてかばんの中にこぼれてしまう…なんてアクシデントも考えられますよね。

そのため牛乳配達員さんの業務用バッグには

・たくさんの牛乳瓶の重さに耐えられる強さ

・たくさんの牛乳瓶を収納できるマチの広さ

・中身が汚れてもすぐに洗い流せること

などの特徴があります。

BAGWORKSの「ミルクマン」にもその特徴が活かされています。

ミルクマンはマチが広いです。その広さはなんと牛乳瓶15本分!しかも持ち手が長く設計されているので、マチいっぱいに荷物を入れても持ちやすいです。

重さにも強く、持ち手の付け根やコーナーがしっかり補強されています。そのため耐重性・耐久性が高く、長く使えることも特徴です。

素材には、ターポリン生地を使用。ターポリン生地は、テントなどにも使用されるほど丈夫で防水性にも優れています。

さらに、中が汚れても大丈夫。かばんの底に小さな穴が開いているため、中身を簡単にサッと水洗いができます。

バーベキューなどで食材を持っていく際など、レジャーシーンにもピッタリですよね。

丈夫で背負いやすい!「ボーイスカウトマン」

BAGWORKS

大自然の中を駆け回るアメリカのボーイスカウト。その少年たちが背負っていたリュックを原形としているのが「ボーイスカウトマン」です。

野山などをキャンプするボーイスカウトは、長時間の移動やさまざまな自然の障害に見舞われることも考えられます。

そのためボーイスカウトのリュックには、

・長時間背負っても疲れないこと

・丈夫であること

・軽量であること

などの特徴が備わっています。

それらの特徴を受け継いだBAGWORKSのボーイスカウトマン。

背負いベルトと背面にはクッション性のあるウレタン素材を使用。長時間背負っても、肩や背中が疲れません。

素材には軽くて丈夫なナイロン生地を使用。シワ模様や凹凸を付ける塩縮加工を施しているので、おしゃれな風合いになっています。

さらにフタには、本革を使用。素材の違いが良いアクセントになっています。おしゃれな見た目と、丈夫さ・背負いやすさから通勤にもピッタリです。

BAGWORKSで自分に合った「○○マン」を見つけよう!

BAGWORKS

バッグワークスには、ほかにもさまざまな「○○マン」のかばんが揃っています。

・メッセンジャーマン(自転車便配達員)

・フィッシャーマン(魚釣り人)

・ボウリングマン(ボウリング)

・カメラマン(写真家)

・ウェアハウスマン(倉庫番)

・エレクトリックマン(電気工事士)

・レスキューマン(救急士)

・カレッジマン(大学生)

・ニュースペーパーマン(新聞配達員)

・トレインマン(車掌)

・バンクマン(銀行員)

商品名だけ見ていると「どんな特徴?」「どんなデザイン?」と気になりませんか?どのかばんも、その「しごと」に必要な機能を備えていて、見るだけでもすごく面白いんです!ぜひBAGWORKSの公式サイトでチェックしてみてください。

一度、自分に合った「○○マン」を探してみてはいかがでしょうか?

商品情報

商品名 BAGWORKS

公式サイト https://www.bagworks.co.jp/

中川政七商店公式通販サイト(BAGWORKS商品ページ)

https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/goods/search.aspx?search=x&keyword=BAGWORKS&search=search

202

ナンスカ編集部

ナンスカ編集部

"日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン