2020.08.28

プレゼントを引き立てる「脇役」から目を楽しませる「主役」へ──背表紙を繊細に彩るリボン生まれのしおり「SEE OH! Ribbon(シオリボン)」

SEE OH! Ribbon

本を読む時に使うしおり。皆さんはどのようなものを使っていますか?
本のページにはさんでしまえばほとんど見えなくなるため、どちらかといえば「日陰の存在」のイメージなのでは?

「SEE OH! Ribbon(シオリボン)」はリボンに繊細な加工を施して作られる、見るだけで心が躍るような美しいしおり。本来のしおりの機能に加え、使うだけで本を美しく飾り、心にも彩りをもたらす役割も。
まさに「主役」と言って良い存在でもあります。

「読書がより楽しくなる」をテーマに、「読書」にまつわるプロダクトをご紹介するシリーズ、今回は「SEE OH! Ribbon」をピックアップ。その魅力を紐といてまいりましょう。

ラッピングに使う資材から、素材自体を活かせるプロダクトを

SEE OH! Ribbon

「SEE OH! Ribbon」は、リボンを加工して、繊細なデザインを表現したしおりです。
名前からなんとなく想像が付くかもしれませんが、リボンならではの風合いを活かした、なんとも優雅なたたずまいが持ち味。

本来のしおりとしての役割はもちろん、背表紙に垂らして本をおしゃれに飾ります。さらに本棚も美しくデコレーションして、お部屋にやさしい雰囲気を届けます。
こんなしおりなら、見るたびに心が踊りますね。

リボンを使う場面というと、プレゼントのラッピングをまず思い浮かべるのでは?
「SEE OH! Ribbon」は、どうしてもラッピングのイメージが強かったリボンを素材として活かし、リボンが持つ優美な存在感を楽しめるプロダクト。

デザイン性豊かなリボンのしおりは、これまでにない新しいかたちで、リボンの新たな可能性を提案しています。

「脇役」から「主役」へ、リボンメーカーならではの強みを活かす

SEE OH! Ribbon

「SEE OH! Ribbon」は、グラフィックやプロダクトまで、さまざまなデザインやプロデュースを手掛けるセメントプロデュースデザインと、国産リボン出荷額・日本一を誇る、福井県あわら市のリボンメーカーとのコラボで作り上げたプロダクト。

主にラッピング資材として使用されるリボン。どちらかと言えば、贈りものを引き立てる「脇役」であるリボンですが、このリボンそのものを「主役」とした商品を作りたい──そんなメーカーの思いが形になりました。

「SEE OH! Ribbon」の開発過程では、リボンの良さを活かすために数多くのアイデアが出され、試行錯誤が重ねられたといいます。その中で、カットリボンの製造技術に用いる、高機能のレーザー加工機に注目し、美しく繊細なデザインが実現しました。

高い技術を持つリボンメーカーならではの強みと、素材としてのリボン。これらが出会い、「SEE OH! Ribbon」ができあがったのです。

しおりを切り取る時間は、リボン生まれを実感するひととき

「SEE OH! Ribbon」は、リボンにレーザー加工を施すことで、繊細で立体的なモチーフを作りました。使われているのは144㎜幅の幅広のリボン。
パッと見、パッケージには製造されたままのリボンが、そのまま入っているようにも見えます。

SEE OH! Ribbon

種明かしをすると「SEE OH! Ribbon」は、リボンのシートからしおりを切り取って使う仕様なのです。
すでにデザイン通りにカットされているので、ほんの少しつながっている部分をハサミで切ればOK。超音波技術とレーザー技術を用いた処理でほつれて来ることもありません。

花や植物、文字や動物などのモチーフが楽しめ、1枚のシートからは3種類のしおりが作れます。

SEE OH! Ribbon

まるでプラモデルを作る時のようなこの工程、なんだかワクワクしますよね?
ちょっともどかしくもあるひと手間ですが、「SEE OH! Ribbon」がリボン生まれのプロダクトであることを、あらためて感じられる特別な時間でもあるのです。

本の中に隠れたしおりから、主役級の存在感へ

「SEE OH! Ribbon」は本の中にはさんで使うというよりも、外に見せて、美しく飾りたくなるしおり。

SEE OH! Ribbon

使い方もさまざまで、本のデコレーションはもちろん、手帳にはさんでも綺麗です。ブックカバーや手帳の色に合わせて「SEE OH! Ribbon」を選んで、上級者っぽい装いを。

SEE OH! Ribbon

ヘアアレンジやラッピングにも。バッグやポーチに付けたり、小物や服にあしらえば自分だけのオリジナルが生まれます。お部屋のちょっとしたデコレーションに使うのもオススメ。

SEE OH! Ribbon

本来しおりは本の中に隠れているはずのものですが、「SEE OH! Ribbon」は主役級の存在感で、本以外の多くのものに彩りをもたらします。

自分やプレゼントする相手に似合うひとつをさがす楽しみ

「SEE OH! Ribbon」のラインナップは8種類、デザインによって印象がまったく変わるのが魅力です。
どこかレトロで繊細さを感じるデザインは、リボンならではの可憐な雰囲気を演出します。
自分のイメージやプレゼントするお相手に似合うデザインを、ぜひさがしてみてくださいね!

SEE OH! Ribbon(シオリボン)/ Fruits
SEE OH! Ribbon(シオリボン)/ Fruits
SEE OH! Ribbon(シオリボン)/ Leaf
SEE OH! Ribbon(シオリボン)/ Leaf
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Flower
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Flower
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Jewelry
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Jewelry
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Animal
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Animal
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Typo
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Typo
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Sea
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ Sea
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ snow
SEE OH! Ribbon (シオリボン)/ snow

デザインやカラーによって自分好みのイメージを演出できる

本来の用途であるしおりのほかに、さまざまなものを美しく彩る「SEE OH! Ribbon」。
いろんなカラーやデザインのものを集める楽しみも生まれそうです。

合わせ方によって、ナチュラルにも、大人っぽく洗練されたイメージにも演出できるので、自分好みにアレンジするのも良いですよね。
「SEE OH! Ribbon」をあなたの生活に取り入れて、日常に彩りを添えてみてはいかがでしょう?

商品情報

商品ブランド名 SEE OH! Ribbon(シオリボン)

販売元 有限会社セメントプロデュースデザイン

直営店 コトモノミチ at TOKYO

住所 130-0002 東京都墨田区業平4-7-1

電話 03-6427-4556

商品販売ページ https://store.coto-mono-michi.jp/?mode=grp&gid=1072219

1022

ナンスカ編集部

ナンスカ編集部

"日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン