2020.11.12

暗闇でも存在感マシマシ? オーロラのように光る「Spectre」のエコバッグ

Spectre

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まり、エコバッグを常に持ち歩くようになった人も増えたのではないでしょうか。コンパクトに収納できるエコバッグ、たくさん入るエコバッグなど、様々なタイプがニーズに合わせて企画されています。

この記事では、そんな数あるエコバックの中でも、ひときわユニークな機能を持ったエコバッグを紹介します!

Spectreのエコバッグとは?

Spectreのエコバッグは、「人間らしい人間味溢れた仕事をしよう」を理念に掲げる株式会社人間味がプロデュース。暗闇の中でオーロラのように光る反射材をエコバックに活用しました。暗闇ライフスタイルプロジェクト「Spectre(スペクトル)」の、最初の製品です。

2020年6月から始めたクラウドファンディングで話題となり、目標金額を大幅に超えた700万円近くの支援金が集まったのです。

Spectre

Spectreのエコバッグには、「リフレクター」という再帰反射の性質を持つ反射素材が使われています。実は既に世の中でも広く使われており、軍の採用するミリタリーウェア、警察官が夜間に着用するベスト、身近なところではスニーカーなど、幅広い場面で活躍しています。

使用されているリフレクターは、オーロラのように反射する特殊な反射材「LIGHT FORCE(ライトフォース)」です。昼間はなんの変哲もないシンプルなエコバッグなのに、夜間に光が当たると、一気に人目が集まるアクティブな姿に変身して暗闇に浮かびあがるプロダクト。その様はまるでイリュージョンです。

Spectre

また使用していない時は、スマートフォンと同じような大きさに折りたためるので、普段使いのバッグに入れても邪魔になりません。フックがついているので、バッグの持ち手に引掛けておくこともできます。サイズはM、Lの展開で、男性でも女性でも使えるユニセックススタイルです。

レジ袋有料化に向けて開発構想がスタート

Spectre

レジ袋有料化後、「所詮数円程度なら……」と思っていても、数円が毎日続くと痛い出費になっていませんか。

ただ、エコバッグは主婦層など、女性をターゲットにしたデザインが多いのです。そこで、株式会社人間味の代表である栗田氏は、「男性にも使いやすいエコバッグを作ろう」と思い立ったのでした。通常はエコバックの素材と結びつかなそうな「オーロラのように光って反射するリフレクター」に注目した栗田氏。その大胆な発想が、世の中に驚きを与える斬新なエコバックへと具現化されていきました。

暗闇ライフスタイルプロジェクト「Spectre(スペクトル)」は、これからエコバッグ以外にも様々なプロダクトをリリース予定です。

太陽が沈み、徐々に辺りを覆い始める夜の暗闇。日中は、その存在に誰も気づいていなかったライフスタイルプロジェクト「Spectre(スペクトル)」発のプロダクトが、不意にあなたの隣に現れるかも。街中でオーロラが輝きだす光景を想像すると、なんだかワクワクしてきませんか。

Spectre

しかも、暗闇の中で光に当たるとオーロラのように反射するSpectreのエコバッグは、夜の買い物では事故を防止してくれるので安心です。

暗い色の服を着た人だと、車側から視認できるのは26メートルまで。しかし、リフレクター反射材を用いると、視認範囲は57メートルと、倍以上になるのです。

光るエコバッグでレジ袋削減を目指そう

見た目はとってもシンプルデザインのエコバッグですが、なんと暗闇で真価を発揮するのです。レジ袋を削減して地球を守るだけでなく、夜間の交通事故から自分の身も守れます。

そして何と言っても、この遊び心溢れる発想が、何の変哲もない夜の街にエンターテイメントをもたらしてくれるのです。

商品情報

商品名 Spectre

販売元 株式会社人間味

公式サイト https://spectre-reflector.tokyo/

889

ナンスカ編集部

ナンスカ編集部

"日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン