2020.11.17

宇宙船に乗っている気分が味わえる? マグカップを覗くと美しい地球が見える「Cygnus Space Mug」

Cygnus Space Mug

民間人でも宇宙旅行に行けるかもしれない世の中になりましたが、それはあくまでも一部の富裕層に限られた話……。誰でも気軽に宇宙へ行けるようになるには、まだまだ時間がかかりそう。

今回の記事では、部屋の中にいながらまるで宇宙船に乗っているような気持ちにさせてくれる、AR技術を駆使したマグカップを紹介します。

「Cygnus Space Mug」とは?

「Cygnus Space Mug」とは、近未来のライフスタイルを提案する株式会社Gloture(グローチャー)が取り扱うブランドAstroRealityのマグカップです。

専用のスマートフォンアプリを通してマグカップを覗くと、まるで宇宙船の窓から地球を覗いているかのような美しい風景を見ることができます。

マグカップの中に広がる壮大な地球

Cygnus Space Mug

「Cygnus Space Mug」は、見た目はただのマグカップですが、実はAR(Augmented Reality = 拡張現実)に対応した斬新なマグカップなのです。マグカップの底を覗き込みながら、スマートフォンのAstroReality Exploreアプリをかざすことで、宇宙船の窓から地球を眺めているかのように壮大な景色が浮かび上がります。

宇宙や地球の画像をはじめとするすべてのデータは、NASAとUSGS(アメリカ地質調査所)の高精細衛星写真をもとに作られています。そのため、スマートフォンに映し出される画像はとてもリアルで美しく、目の前に本物の地球が広がっているような光景を楽しませてくれます。

Cygnus Space Mug

「Cygnus Space Mug」の独特なフォルムは、衛星の構造からインスピレーションを得たそうです。テストを繰り返すことで、手に心地よく馴染むマグカップを実現しました。

画像データは、アマゾンの熱帯雨林やオーストラリアのグランドキャニオンなど、200以上の国・地域をとらえた豊富なコンテンツを取り揃えています。宇宙空間から地球のあらゆる場所を観察することができるため、時間を忘れてスマホを覗いていまいそう。

開発のきかけは、NASA設立60周年記念

Cygnus Space Mug

「Cygnus Space Mug」は、NASA設立60周年を記念してつくられました。エンタメの要素と教育的な要素、そしてAR(Augmented Reality = 拡張現実)という最新の技術要素を兼ね揃えたプロダクトになっています。

AstroRealityのAR技術はNASAのお墨付で、アメリカ合衆国カルフォルニア州にある宇宙開発の拠点、NASA Ames Research CenterのギフトショップでもCygnus Space Mugが販売されています。

他にも、「Cygnus Space Mug」を手がけているAstroRealityからは、ARと連動して太陽系が浮かび上がり宇宙開発の歴史が学べる「NASA ARノートブック」や、スマートフォンをかざすと宇宙空間に漂っているような姿になるミニチュア太陽系「Solar System Mini Set」など、自宅で宇宙を感じられるアイテムが多数展開されています。

いつもの部屋から、ちょっと宇宙へ

Cygnus Space Mug

「Cygnus Space Mug」があれば、自宅でコーヒーでも飲みながら「ちょっと宇宙に旅行でもしてみようか」と、ビッグスケールなリラックスタイムが楽しめます。

就寝前にベッドで飲み物を飲む習慣がある人は、ぜひ「Cygnus Space Mug」を試してみてください。自分のベッドがまるで宇宙船になったような感覚を楽しむことができます。いつもの見慣れた自室と宇宙空間がARの窓で繋がり、そこから見える風景に思いを馳せて眠れば、夢の中で宇宙旅行に行けるかもしれませんね。

小さな子どもがいるご家庭だったら、子どもの情緒的な教育にピッタリです。子どもは最新の技術と美しい地球に興味をそそられることでしょう。「Cygnus Space Mug」をきっかけに、宇宙飛行士になることを夢見る子どもだっているかもしれませんね。

宇宙好きな人にはたまらない「Cygnus Space Mug」。マグカップとアプリさえあれば、いつでもどこでも宇宙船からの幻想的な景色を楽しむことができるのです。

商品情報

商品名 Cygnus Space Mug

販売元 株式会社Gloture

商品販売ページ https://gloture.jp/products/space-mug

 

450

ナンスカ編集部

ナンスカ編集部

"日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン