2020.09.09

アートを存分に感じられる、台南の古民家をリノベした「321巷芸術聚落」

みなさん、こんにちは。半分台湾人のSeikyoです。

今回ご紹介するのは、台南に残る日本の古民家がアート空間にリノベーションされた事例です。
早速見てみましょう!

戦前から残る、旧日本軍歩兵の官舎群

台湾南部の都市―台南市の北区に位置する「321巷芸術聚落」は、戦前はもともと旧日本軍歩兵第二連隊の官舎群であった日本式の古民家を、アート空間として再生させた場所です。2003年には「市指定古跡」として登録され、芸術空間として機能し始めたのは2013年のことです。

この一帯は日本統治時代には「老松町」と呼ばれていて、戦後は一時期近くにある国立成功大学の教授たちの寮としても使われていました。台湾では道路に名前が付けられているので、「321」と名付けられているのは、現在の「台南市北区公園路321巷」の先にこの団地が存在しているからです。

台湾321巷芸術聚落
高い煉瓦塀の向こうに見える古民家。外にはマルシェなどのイベントに使われる出店が置かれていた
台湾321巷芸術聚落
官舎群を描いたイラスト。これほどの日本時代の古民家が一か所に残っているのは実に珍しい(画像提供:©︎版條線,花園-周見信)

あちらこちらで見かける「アート」

普段から多くの車が行き交う「公園路」から、小さな路地に入って団地に入るとまず目に映るのが、至る所に置かれているオブジェやアート作品でしょう。
それぞれの民家が高い煉瓦塀で覆われていて、その塀がまるで展示空間のように様々なアート作品で飾られています。

台湾321巷芸術聚落
イベントの告知に使われていたポップでかわいらしいイラストが、人目を惹きつける
台湾321巷芸術聚落
煉瓦塀に引っ掛けてあったアート作品
台湾321巷芸術聚落
特徴的なアート作品の数々

また、不定期にクリエイティブな雑貨マルシェや展示イベントなども開催されており、この昭和レトロな空間の中で、存分にアートな気分を楽しめる人気スポットとなっています。

台湾321巷芸術聚落
古民家の中は、写真の展示スペースになっていた(画像提供:©︎版條線,花園-郭乃文)

アートだけでなく、自然も豊かな空間

アート作品の他にも、古民家のお庭には80年ほど前に植えられた木々が大きく育ち、暑い日差しがさす季節でも路地が日陰になっていて、大自然を肌で感じられる涼しげな空間になっています。この緑に包まれたのどかな時間は、都会の喧騒から離れ、まるで昭和にタイムスリップしたような不思議な気分を味わえます。

台湾321巷芸術聚落
煉瓦塀の上にはブーゲンビリアの花が咲き誇っていた
台湾321巷芸術聚落
民家のお庭に植えられた木々が、道路の両サイドを覆うように暑い日差しを覆っている

現在は大規模なリニューアル工事中

台湾321巷芸術聚落
多くの出店で賑わう雑貨マルシェが開催される通り

2020年7月1日より、このアートスペースは現在大規模なリニューアル工事中で、園内の立ち入りが禁じられており、工事期間はなんと3年を要するそうです。私が前回訪れたときは所々で建物が傷んでいたりしていたので、新しく整備された後の姿がとても楽しみです。

まだまだ日本時代の建物が多く残っている台南ですが、最近では修復工事が各地で進められていて、こうした歴史を後世に伝えていく証として残していきつつ、空間全体に新しい価値を創造する取り組みを、もっと応援していきたいと思います。

では、次回もお楽しみに!

台南「321巷芸術聚落」情報

住所 台湾台南市北区公園路321巷

Facebook https://www.facebook.com/321ArtsVillage

676

Seikyo

Seikyo

1996年台湾生まれ。半分台湾人。東京でグラフィック&Webデザイナーとして働きながら、台湾と日本の文化のギャップをデザイン的な視点で発信中。 ポートフォリオサイト:http://seikyo-jo.com/

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン