2019.10.03

日本語として正しいのは「うる覚え」と「うろ覚え」のどっち?

「うる覚え」と「うろ覚え」

記憶があいまいな時に使う「うろ覚え」。私も何かを説明する時に「ちょっとうろ覚えなんだけど〜」と言うことがあります。

しかし「うろ覚え」と使う人と「うる覚え」を使う人がいて、どちらが正しいのか分からなくなることはありませんか?

そこで今回は「うろ覚え」の意味や、「うる覚え」とどちらが正しいのか解説をしていきます。言葉の意味や読み方が「うろ覚え」の人は参考にしてみてくださいね。

「うる覚え」と「うろ覚え」どっちが正解なの?

うる覚えとうろ覚えどっちが正解?

「うる覚え」と「うろ覚え」、どちらも聞く言葉ですが、正しいのは「うろ覚え」です。

言いやすさや、本当はうる覚えなのでは? と言う声もあり「うる覚え」が浸透していったようです。確かに友達が「うる覚えで〜」と話していても、違和感を感じませんでした。

これからは、ウザがられてもいいので「うる覚え」と言っている友達に指摘します(笑)。

「うろ覚え」の正しい意味を紹介

「うろ覚え」は「確かではない記憶」「ぼんやり覚えていること」という意味があります。明確に覚えていなかったり、部分的に覚えていたりする時に使う言葉です。

また知識を忘れている場合も、「うろ覚え」を使います。一回勉強をして覚えたことも、部分的にしか覚えていない場合は「うろ覚え」というのです。

さらに「うろ」という言葉は、「中が空洞になっている」という意味があります。覚えていた事柄に空洞ができる、ということなんですかね。私も大学時代に学んだことは「うろ覚え」です。というより「消失」していますね(笑)。

「うろ覚え」は、漢字で書くと分かりやすい!

漢字で書いてみよう!

「うろ覚え」という言葉は、漢字で書くと分かりやすいです。

「うろ覚え」は漢字で「疎覚え」と書きます。「疎」という言葉は「過疎」や「疎開」「疎遠」など、外れるような意味を持っていますよね。「疎覚え」も頭から記憶が外れている状況なので、この漢字が使われるようになったのです。

いつ使う?「うろ覚え」の例文を紹介

例文①:うろ覚えなのですが、〇〇社の営業部長は田中さんでしたよね。

外出先で、電話をしていて「確かこの人の声は…」なんて事ありませんか?
外出先で、電話をしていて「確かこの人の声は…」なんて事ありませんか?

これは記憶があいまいで、自信がない時に尋ねるケースです。確かではないことを聞く時に「うろ覚えなのですが〜」と、冒頭で話してから会話を始めることがありますよね。

例文②:うろ覚えだけど昨晩は自力で帰宅した覚えがある

千鳥足でも自宅についたことは事実!
千鳥足でも自宅についたことは事実!

あいまいながら正しいと思っていることを主張するケースです。私も記憶はあいまいだけどほぼ間違いないと感じている時は、上記のような言い方をしますね。

例文③:うろ覚えで申し訳ないです。明日の集合時間は何時ですか?

「何回も言わせないでよぉ〜」と言われそう…ごめんなさい!
「何回も言わせないでよぉ〜」と言われそう…ごめんなさい!

これはほとんど覚えていないことを主張したケースです。もはや覚えていない場合にも使うという人もいます。私も「うろ覚えで申し訳ないのですが」と言いつつ、何も覚えていない、もしくは聞いたことすら忘れていることがあります。ダメな人間ですね!(笑)

「うろ覚え」の類語はどれ?

「うろ覚え」には似たような類語が存在ます。あまり使われませんが、「うろ覚え」でもいいので頭に入れておきましょう。

空覚え(そらおぼえ)

空覚えには

・書いたものを見ないで済むように暗記する
・確かではない記憶、うろ覚え

というふたつの意味があります。全く正反対の意味なので、前後の文脈から予測する必要があります。

例えば

「漢検に向けて漢字を空覚えした」→暗記
「レシピを空覚えしてて不味い料理ができた」→うろ覚え

といったように、文章から意味を推測しなければなりません。

生覚え(なまおぼえ)

生覚えには

・確かでない記憶、うろ覚え
・あまり気に入られていない

という意味があります。うろ覚えと同じような意味で使われることが多いです。

 

今回は「うろ覚え」について解説をしてきました。私も「うる覚え」と「うろ覚え」かどちらを使えばいいのか「うろ覚え」のことがあるので、勉強になりましたね。

それではみなさんも「うろ覚え」にならないように、言葉の意味を理解しておきましょう!

77

しっしー

しっしー

1990年生まれ、広島県出身。大学卒業後、大手コンビニで商品開発職として勤務。その後フリーライターとして独立し、ポーランドへ移住しました。
Twitter:@sissy0424

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン