2019.11.11

【大人の折り紙講座】ちょっと自慢できる面白い折り紙アート3選

誰でも一度は挑戦したことがある「折り紙」ですが、実は今、大人たちの間で空前の折り紙ブームが来ているんです! たかが折り紙と侮るなかれ、そのアーティスティックな魅力を知ったら最期、あなたもドはまりすること間違いなしっ!

今回はそんな大人の折り紙の魅力に迫ってみました!

世界を巻き込んで、「大人向け折り紙」が大ブーム!

「大人の〇〇」と呼ばれるものはいくつかありますが、中でも「折り紙」の人気は絶大です。どんな紙でも一枚あればできるという手軽さや、誰でもできるという簡単さ、そして何より完成した時の達成感が人気の秘訣なのではないかと思います。

また、日本だけでなく海外でも「Origami」として人気爆発中。実はヤマシタ、高校の修学旅行が海外だったので、現地のガイドさんに折り紙をプレゼントしたことがあります。

目の前で実際に折って見せたところmagic!!!!!!!(魔法だわ)」とめちゃくちゃ喜ばれたんですよね~! 嬉しかったし、誇らしかったなぁ。

日本人の多くの人が作り方を知っている「鶴」でさえ、海外の人たちから見たらものすごいアート作品なんだそうです。折り紙は、日本が誇る伝統文化の一つなんですね!

実際にやってみると…本当に楽しい!

最近では、大人向け折り紙教室(ユーキャン)や折り紙イベント(透かし折り紙)も開催されたりしているようです。大人をも魅了してやまない「折り紙」、これはヤマシタ自身で体感するしかない! ということで、大人でも楽しめそうな折り紙に挑戦してみました!

1枚で作れる、かんたん鶴箱

最初にも掲載したこちらが
最初にも掲載したこちらが"鶴箱"です!

鶴の背中に箱が付いている、可愛い小物入れです。糊もはさみも使わないのに丈夫で、しっかり自立してくれます。

15cmの折り紙で飴玉が12個入るほどの大きさです。こういう箱をさらっと作れたら、ちょっと自慢したくなっちゃいそう。

可愛い飴がなくてごめんなさい…笑
可愛い飴がなくてごめんなさい…笑

こんなに可愛いのに、実はけっこう簡単に作れるんです! 作り方はこちらの動画を参考にさせていただきました!

使用したのはこちらの折り紙です。細かい和柄が可愛くて、いろんなものを作りたくなってしまいますね!
使用したのはこちらの折り紙です。細かい和柄が可愛くて、いろんなものを作りたくなってしまいますね!

立体的な星。クリスマスツリーにも、インテリアにも!

クリスマスツリーにも!

パッと見ただけでは折り紙だなんて思えない、クリスマスみたいなスターが作れちゃいました! かわいい~!!

しっかりした作り

こちらは、5枚の折り紙ユニットを組み合わせて作っています。難しそうだなと思うかもしれませんが、折り方も簡単ですし、組み合わせも糊・ボンドでくっつけているだけですし、実はとっても簡単に出来るんです!

作り方は、こちらの動画を参考にさせていただきました!

今回使ったのは、マットな光沢で高級感が出るこちらの折り紙。
今回使ったのは、マットな光沢で高級感が出るこちらの折り紙。

立体的な折り方なので、少し硬め(厚め)の折り紙の方が完成形がきれいになるかもしれません。

一番良く見るタイプの15cm折り紙で、成人女性の手のひらほどの大きさになります。大小サイズ違いでたくさん作って、インテリアにするのも可愛いと思いますよ~!

ユニット30枚の柄入りくす玉! これは脳トレになるぞ~!!

くすだま

先ほどの星からグレードアップ! 折り紙ユニット30枚を組み合わせて作るくす玉です。

完成形はこんな感じ! 柄が入ると超大作に見えますね

ユニットをいっぱいつくります

このくす玉、ユニット自体の折り方は簡単なのですが、組み上げるのにめちゃくちゃ頭を使います!! 参考にさせていただいた動画は、とっても分かりやすく解説してくださっているのですが、いざ作ってみようとなると途端に分からなくなる不思議

めっちゃ苦戦しました
めっちゃ苦戦しました

まるで脳トレをしている気分。でも、イライラしたり嫌な気持ちになったりするような感じはなくて、出来上がった時には心地いい疲労感と達成感を味わえます! これぞまさに、大人の折り紙。

こちらの動画を参考にさせていただきました!

今回使用した折り紙は、100色100枚のこちらの折り紙! いろんな色があって選ぶのがめちゃくちゃ楽しいです…!
今回使用した折り紙は、100色100枚のこちらの折り紙! いろんな色があって選ぶのがめちゃくちゃ楽しいです…!

折り紙の記念日もあるらしい(11月11日「おりがみの日」)

数字の14つ並ぶ1111日、棒4本を並べ替えたら折り紙(正方形)が作れる! ということで、1980年に制定された記念日です。

記念日を制定した日本折紙教会によると、同じ1111日は「世界平和記念日(1918年第一次世界大戦休戦条約が調印された日)」でもあるということで、『おりがみの平和を願う心と相通じるものがある』ことが記念日制定の背中を押したんですって!
https://www.origami-noa.jp/

確かに、折り紙作品の代表である「鶴」は、恒久平和の象徴として千羽・万羽と繋げて飾られることが多いです。私たちは知らず知らずのうちに、折り紙へ平和への想いを折り込んでいたんですね。

見るより聞くよりやってみて、折り紙ってめっちゃ楽しい!

実際に作ってみると分かるんですが、折り紙は本当に奥が深い。

紙一枚で色んなものが出来るだけでもすごいのに、組み合わせたら無限大にいろんなものが出来てしまうんです。下手したら一生遊べる道具かもしれませんね。

そして、最近こんなに集中したことあったっけ? と思ってしまうほど集中力を使います。無心で取り組めるところが、なんとなく瞑想に近いなとも感じました。こういう感覚は、大人になって折り紙をしたからこそ味わえたものでしょう。

色んな発見と感動がある折り紙、みなさんも折ってみてください!

127

ヤマシタサイロ

ヤマシタサイロ

鹿児島県出身。地方都市にて広報や商品開発等の観光PR事業に携わりながら、その土地のおいしい物を食べるのが楽しみで仕方ない食いしん坊ライター。音楽と猫とコーヒーがあれば無敵。

コメント 0件 コメントを書く

この記事にはまだコメントがありません。

related article

related article

ナンスカ

SNSアカウントでログイン